住宅ローンを組んで借金まみれでお困りの方の相談窓口|福山市のトムソーヤならおまとめ可能

複数の借金を住宅ローン1本化にする大きなメリット

多重債務に悩む方にとって、住宅ローンを利用して複数の借金を一本化することは、財政的な負担を大幅に軽減する有効な手段です。

ここでは、その金銭的な大きなメリットをわかりやすく解説します

まず、多重債務の状態では、各種のローンやクレジットカードの金利が高くつきがちです。

例えば、消費者金融の金利が年率15%から20%に設定されているのに対し、住宅ローンの金利は一般的に1%から3%程度と非常に低いのが現状です。

この違いが、月々の返済額に大きな差をもたらします。

具体例で見てみましょう

仮に、消費者金融やクレジットカードで総額300万円の借り入れがあり、それぞれの金利が平均18%だったとします。

この場合、年間の利息だけで54万円(300万円 × 18%)にもなります。

一方、同じ300万円を住宅ローンに一本化し、金利が1%だとした場合、年間の利息は3万円(300万円 × 1%)に抑えられます。

差額はなんと51万円にもなり、これは大きな節約です

さらに、返済期間の延長もメリットとなります。

消費者金融などのローンは返済期間が短く、月々の返済額が高額になることが多いです。

しかし、住宅ローンに一本化することで、返済期間を最長35年とすることが可能です。

これにより、毎月の返済額を大幅に減らし、家計の負担を軽減することができます。

例えば、300万円を5年間で返済する場合、月々の返済額は約54,000円となりますが、住宅ローンで35年間の返済に延長すると、月々の返済額は約8,000円にまで減少します

また、一本化することで、返済管理が容易になる点も見逃せません。

複数の借金を抱えると、それぞれの返済日や返済額を把握するのが大変です。

しかし、住宅ローンに一本化することで、返済は月に一度で済み、管理がシンプルになります。

これにより、返済漏れや遅延のリスクも減少し、精神的な負担も軽くなります。

最後に、住宅ローンの金利は低いだけでなく、固定金利を選択することで将来の金利上昇リスクを回避することも可能です。

これにより、長期的な財政計画が立てやすくなり、安心して返済を続けることができます。

このように、多重債務を住宅ローンに一本化することで、金利の差による大幅な利息削減、月々の返済額の軽減、返済管理の簡素化など、金銭的な大きなメリットを享受することができます。

今後の生活設計を見直し、経済的な安定を図るためにも、住宅ローンの一本化を検討してみてはいかがでしょうか?

滞納が始まるとおまとめ審査が難しくなるので、そうなる前に悩んでたら相談ください


トムソーヤなら、その多重債務を住宅ローンに1本化できる可能性大!!

 

まずは、こちらのアニメーションをご覧ください↓↓

 
 

関連記事

  1. 債務整理のデメリット | 債務整理以外で多重債務を解決する福山の株式会社トムソーヤ

  2. 住宅ローン審査にコネやツテは関係ない|パイプがなくても審査が通せる福山のトムソーヤ

  3. 福山|尾道|三原|東広島|呉|広島市で住宅ローンを抱えて債務整理を考えている方へ

  4. 【福山市】住宅ローン審査に落ちてしまった後にやってはいけない行動|住宅ローン審査通過対策専門(通過率85%以上の実績)

  5. 住宅ローンを抱えて多重債務になっていても自己破産(債務整理)したくない福山近郊の方へ|自己破産しなくてすむ方法があります!

  6. 当相談室での住宅ローン承認実績の一部|福山住宅ローン審査対策相談室